人気のカードローン

  • 銀行系ノンバンク
  • 銀行カードローン
  • おまとめ

融資スピードや無利息期間などサービス面で銀行本体のカードローンよりも優れています。少額・短期間の利用におすすめです。

1位 プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)
プロミス
夕方・土日も最短即日融資
  • ノンバンク最低レベルの低金利
  • カード発行なしも選択OK
  • WEB完結&郵送なしで内緒で借入可

SMBCコンシューマーファイナンスは三井住友フィナンシャルグループの一員です。

2位 アコム(三菱UFJフィナンシャルグループ)
アコム
最短30分審査&最短1時間融資
  • クレジットカード機能付きも選択OK
  • 最大30日無利息サービス

銀行本体のカードローンはノンバンクと比較して審査は厳し目です。その一方、金利は低めです。

1位 三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック
三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック
平日夕方や土日も最短即日可能。審査は最短30分
  • 口座不要、提携ATM手数料も無料

低金利ですが【審査は厳しめ】。審査が不安な方はノンバンクがおすすめです。

2位 新生銀行カードローン レイク
新生銀行カードローン レイク
銀行カードローンで総量規制対象外
  • 土日も最短即日融資可能
  • 選べる2つの無利息サービス
  • コンビニATMの手数料0円
1位 オリックス銀行カードローン
オリックス銀行カードローン
おまとめ・借り換え利用OK
  • 低金利&最高限度額も800万円
  • 所得証明書は原則、限度額300万まで不要

※ 即日融資向けではありません


無利息や金利優遇でお得に借りる

かつては乱立状態だった消費者金融も、現在では実力者だけが残っている状態となっております。一方で、消費者金融と同じようなカードローンサービスを近年になって展開してきているのが、銀行などの金融機関です。いずれにせよ競争は激しくなっているのですが、激しい競争を勝ち抜くため、各社は様々なユニークなサービスを打ち出しています。

無利息サービス

消費者金や銀行のカードローンで利用者が重視する点といえば、やはり金利でしょう。特に多くの大手消費者金融で実施されているのが、無利息サービスです。本来は自らの利益となるべき利息を放棄してまで顧客の獲得に努めているわけですので、相当の覚悟が必要なサービスです。

30日間無利息サービス

数ある無利息サービスの中でも、最も多くの消費者金融が実施しているのが「30日間無利息サービス」です。業者によって微妙に内容は異なりますが、新規契約者を対象として30日間無利息でお金を融資する点では、ほぼ共通しています。以下に代表的な30日間無利息サービスを実施している貸金業者と、その概要を紹介致します。

アコムの30日間無利息サービス

アコムではこれまで、不定期に無利息サービスを実施することはあっても、通年実施することはありませんでしたが、最近になって通年無利息サービスを実施するようになりました。アコムの30日間無利息サービスを利用する条件は以下のようになっています。

  • アコムの新規契約者
  • 返済期日を「35日ごと」に指定する

アコムではもう1つ「毎月1回」の返済期日の設定があるのですが、そちらを選択すると30日間無利息サービスは適用されません。
また、30日間無利息サービスの適用期間についても注意が必要であり、アコムでは「契約日の翌日から30日間」を無利息サービスの適用期間としています。「最初に実際に借入した翌日から30日間」と間違える人が多いので、ここは注意が必要です。

プロミスの30日間無利息サービス

同じく大手消費者金融のプロミスでも、30日間無利息サービスを実施しております。プロミスで30日間無利息サービスを受ける条件は、以下の通りです。

  • プロミスの新規契約者
  • Eメールアドレスを登録
  • 書面の受け取り方法の選択で「プロミスのホームページで書面(Web明細)を確認」を選択

プロミスの30日間無利息サービスの適用期間は、「最初に実際に借入した翌日から30日間」です。これでしたら、契約だけしておいて実際に利用するときに初めて無利息サービスがスタートしますので、無駄なく30日間を使いきれますね。

その他のユニークな無利息サービス

30日間無利息サービスは消費者金融の代表的な無利息サービスの1つですが、それ以外にもユニークな無利息サービスを実施しているところもあります。

ポイントがたまると無利息サービスに利用できるプロミス

30日間無利息サービスを実施しているプロミスでは、ポイントサービスも実施しています。プロミスインターネット会員サービスの利用に応じてポイントがたまり、一定ポイントがたまると無利息サービスが利用できるようになっています。250ポイントで7日間、400ポイントで15日間、そして750ポイントで30日間の無利息適用期間をゲットできます。
ただし、無利息サービスを使いたくてもすぐに利用できるわけではなく、申し込みをした上で

  • 利息以上の返済をする
  • 完済している場合は再度借入をする

これらの条件を満たすと、これらの取引を行なった翌日から無利息期間がスタートする仕組みです。

2種類の無利息があるレイク

かつては消費者金融でしたが、現在では新生銀行の完全子会社となって、同銀行のカードローンブランドとして再スタートを切ったレイクでは、2種類の無利息サービスを実施しています。「30日間無利息」と「180日間無利息」の2種類で、一見すると180日間無利息の方が絶対お得なサービスに思えますが、いろいろと適用条件があります。
まず30日間無利息の条件は、

  • レイクの新規契約者
  • 限度額は1万円~500万円
  • 金利は年4.5~18%
  • 初回契約翌日から借入金全額が無利息

となっております。一方で180日間無利息の条件は、

  • レイクの新規契約者
  • 限度額は1万円~200万円
  • 金利は年12~18%
  • 初回契約翌日から借入金のうち5万円分が無利息(5万円以上の借入も可能ですが、超過分は通常金利が適用)

となっており、30日間無利息と比べると、金利や限度額の面では条件が厳しくなっています。しかし、少額だけ長期間無利息で借入をしたい、そんな方にはぴったりではないでしょうか。ちなみに、2つの無利息サービスを併用することはできませんので注意してください。

何度でも1週間無利息のノーローン

レイクと同じく、新生銀行ともかかわりの深いのが「ノーローン」です。レイクが新生銀行の完全子会社であるのに対して、ノーローンは提携関係にとどまっており、経営は独立しております。そんなノーローンは「何度でも1週間無利息」というユニークなサービスを実施しております。

  • 新規借入日の翌日から7日間は無利息
  • 完済日の翌月以降の借入が1週間無利息

というのがその仕組みであり、新規で借りて7日間無利息、しかも借入したお金を完済さえすれば、その翌月以降に再び1週間無利息と、何度でも1週間無利息を利用できるのです。限度額の範囲内でしたら基本的に利用可能です。



金利優遇サービス

消費者金融では無利息サービスを実施しているところが多いのですが、銀行のカードローンで実施しているケースが多いのが金利優遇サービスです。銀行カードローンの金利優遇サービスの特徴は、当該銀行との取引内容に応じて金利が引き下げられる点です。特に顧客とのつながりを重視している地方銀行のカードローンでは、金利優遇サービスを積極的に行っているところが多いです。

auユーザーがお得なじぶん銀行カードローン

「じぶん銀行」とは、三菱東京UFJ銀行とKDDIが共同出資して誕生した、インターネット専業銀行です。店舗を構えていないので、パソコンや携帯電話、スマートフォンなどから利用することになります。そんなじぶん銀行にもカードローンがあり、KDDIが出資者に名を連ねているだけありまして、auユーザーにはお得な内容となっております。

  • 申し込みの際にauIDを登録する
  • 登録するauIDにauの携帯電話や固定電話(インターネットの光回線も含む)のサービスが設定されている

以上の条件を満たすと、通常の金利より年0.1%優遇となり、金利は年2.3~17.4%となります。ちなみに、100万円以下の限度額ですと下限金利は年12.9%となりますので、できるだけ限度額が高い方がより低金利のメリットを実感できます。



キャッシュバック

金利優遇だったり金利ゼロというのもうれしいですが、やはり現金が戻ってくるのが実感としてはとてもうれしいものです。キャッシュバックを実施している銀行カードローンもありまして、それが静岡銀行です。

キャッシュバックがある静岡銀行のカードローン「セレカ」

静岡銀行カードローン「セレカ」最大の魅力は、なんといっても最大45日分の利息キャッシュバックでしょう。とはいえ、適用条件は結構複雑で厳しいかもしれません。しかも、平成28年3月末までのサービスですので、お早目に申し込んでください。
キャッシュバックの具体的な条件は、

  • 契約日の翌月または翌々月の返済日の前日まで
  • 最大45日間

となっております。

利息キャッシュバックのモデルケース

契約日と約定返済日(基本的には毎月10日)のタイミングによって、利息キャッシュバックの期間が大きく変わってきます。例えば、契約日が7月27日の場合、1回目の返済日前日は8月9日でその間は14日間です。2回目の返済日前日は9月9日でその間は31日間であり、合計45日間となるため、このケースでは最大の45日間分の利息キャッシュバックを受けられます。
一方で、契約日が7月26日ですと、1回目の返済日前日は8月9日でその間は15日間です。2回目の返済日前日は9月9日でその間は31日間であり、合計46日間となるため、2回目返済前日までの31日間はキャッシュバックが適用されず、1回目返済の15日分の利息しかキャッシュバックされません。



ポイントプログラム

最近ではどこのお店でもポイントプログラムを実施しており、顧客獲得、囲い込みの際の重要なツールとなっております。カードローンの世界でも、最近ポイントプログラムを実施するところが増えてきました。

プロミスのインターネット会員サービス

プロミスでは、オリジナルのポイントサービスをインターネット会員向けに実施しております。

ポイントをためる

ポイントは、以下のようなサービスを利用するとたまります。

  • プロミスポイントサービス申込:100ポイント
  • プロミスインターネット会員ログイン:10ポイント
  • 「プロミスからのお知らせ」確認:5~20ポイント
  • 収入証明書の提出:160ポイント
  • 「返済日お知らせメール」「取引確認メール」「パソコンやケータイによる書面の受け取り」の登録:各1ポイント
ポイントを使う

たまったポイントは、前述した一定期間の無利息サービスにも使えますが、もう1つ、提携ATMの手数料を一定期間無料にするサービスを実施しております。40ポイントたまると、申し込み日から翌月末まで提携ATMの利用手数料が無料となります。

3つのポイントコースから選んでためられるノーローン

ノーローンのポイントプログラムは自前のものではありません。「楽天スーパーポイント」「ネットマイル」「Gポイント」の3コースからためるコースを選択できます。それぞれのポイントプログラムにまず登録をしたうえで、ノーローンの会員専用サービスからポイントプログラムとの紐づけを行ないます。
例えば「楽天スーパーポイント」を選択すると、返済ごとの利息額に応じて、毎回30~700ポイントがたまります。たまったポイントは、それぞれのポイントプログラムにたまりますので、自由に使っていただけます。

じぶん銀行の「プレミアムバンク for au」

ポイントがたまるわけではありませんが、じぶん銀行では「プレミアムバンク for au」をいう優遇プログラムを実施しております。その優遇特典の一つに、前述のカードローン「au限定割」があるのですが、他にも円定期預金の金利がお得になったり、ATMや振り込みの手数料がかからなかったり、WALLETポイントがたまったりします。

以上のように、カードローンを金利や限度額で選ぶだけでなく、各社が提供しているお得なサービスも総合的な加味して選ぶのがいいでしょう。



特選情報

新生銀行カードローン レイクは銀行カードローンなので総量規制対象外。銀行カードローンにしてはめずらしく無利息期間もあり初めて借りる方には本当におすすめです。


⇒ 新生銀行カードローン レイクをチェック

このページの先頭へ