人気のカードローン

  • 銀行系ノンバンク
  • 銀行カードローン
  • おまとめ

融資スピードや無利息期間などサービス面で銀行本体のカードローンよりも優れています。少額・短期間の利用におすすめです。

1位 プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)
プロミス
夕方・土日も最短即日融資
  • ノンバンク最低レベルの低金利
  • カード発行なしも選択OK
  • WEB完結も対応可能&郵送なしで借入可

SMBCコンシューマーファイナンスは三井住友フィナンシャルグループの一員です。

2位 アコム(三菱UFJフィナンシャルグループ)
アコム
最短30分審査&最短1時間融資
  • クレジットカード機能付きも選択OK
  • 最大30日無利息サービス

銀行本体のカードローンはノンバンクと比較して審査は厳し目です。その一方、金利は低めです。

1位 三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック
三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック
平日夕方や土日も最短即日可能。審査は最短30分
  • 口座不要、提携ATM手数料も無料

低金利ですが【審査は厳しめ】。審査が不安な方はノンバンクがおすすめです。

2位 新生銀行カードローン レイク
新生銀行カードローン レイク
銀行カードローンで総量規制対象外
  • 選べる2つの無利息サービス
  • コンビニATMの手数料0円
1位 オリックス銀行カードローン
オリックス銀行カードローン
おまとめ・借り換え利用OK
  • 低金利&最高限度額も800万円
  • 口座開設不要

※ 即日融資向けではありません


審査でチェックされる個人信用情報とは

カード貸金業者がお金を貸す際、お金を貸す相手がどんな人なのかをあらかじめ知っておかなければなりません。お金を貸す相手がお金にルーズな人であれば、貸したお金が戻ってこない可能性もあるからです。そこで、お金を貸す際に貸金業者は相手の様々な情報を調べています。

カードローンの審査全般に関しては、カードローン審査必勝のための予備知識で解説しています。

信用情報とは

担保を取るか、情報を調べるか

お金を貸す際によく用いられるのが、「担保」をとるということです。担保とは、貸すお金に見合った財産のことで、最もシンプルな例でいえば質屋の「質草」でしょう。質屋のスタッフは持ち込まれた商品を鑑定して、商品に見合った金額のみを貸し付け、商品は質草として質屋があずかります。

元金と利息を返済すれば質草はお金を借りた人の手元に戻ってきますが、万が一返済ができない場合でも、質草を質屋が回収(質流れ)してしまえば、お金を借りた人はそれ以上返済する義務はありません。シンプルかつ合理的なシステムですね。

しかし、最近の融資を見てみると、担保を設定するのと並行して、個人の信用情報も重視する傾向にあります。例えば住宅ローンの融資を受ける場合、担保として設定をするのはもちろん購入予定の住宅や土地です。しかしそれだけではなく、融資相手の信用情報を調べたり、担保だけでは不安だったりという場合には保証人までつけます。

信用情報を活用している業者

では、信用情報を利用しているのはどのような業者なのでしょうか。最も歴史が古いといえばやはり銀行や信用金庫などの金融機関でしょう。これらの金融機関は法人や特定の個人に対する融資に対して強みがありましたが、担保を設定する手法がメインだったため、不特定多数の個人に対する情報のノウハウには乏しいものがありました。それを補うため、信用情報機関を活用しています。

ジャックスやオリコなどの信販会社も、信用情報を大いに活用しています。信販会社は、不特定多数の個人に対する融資を盛んに行ない、自動車などのものや各種サービスを対象にした融資を行なっています。自動車などのものでしたら担保としても設定しやすいのですが、エステのチケットなどは担保としては価値を設定しにくいため、個人の信用情報を重視しています。

消費者金融やクレジットカードに至っては、ほとんど担保として設定できるものがありませんので、個人の信用情報は他の業態よりも重視されています。

変わったところでは、公的な奨学金機関や携帯電話会社、住宅の賃貸などがあります。公的な奨学金機関は長期延滞者を対象にして事故情報を信用情報機関に登録していますし、携帯電話の本体を分割払いで購入する際には、割賦販売となります。アパートの賃貸で「保証人不要」のお部屋を希望すると、家賃保証会社が個人信用情報機関に支払い状況を照会したりします。

信用情報の歴史

第二次世界大戦後の日本においては、個人信用情報はさほど重視されてきませんでした。お金の融資をする際、銀行などではまずは担保を取っていました。個人の情報を調べるといっても、せいぜいその人の職業と年収くらいで、現在のような事細かな信用情報を精査したりはしません。

しかし1970年代に入ると、クレジットカードや消費者金融など従来の融資の枠には当てはまらない融資が登場してきました。従来の融資は法人や特定の個人をメインターゲットとしてきたのに対して、クレジットカードや消費者金融は不特定多数の個人をメインターゲットとしています。

不特定多数の個人を相手にするクレジットカードや消費者金融は、融資の際に担保を取ることをしてきませんでした。クレジットカードのショッピングは名目上「購入した品物」が担保でしたが、有名無実化しており、消費者金融に至っては購入した品物すらありません。担保を設定しない融資はリスクもはらみ、貸し倒れが問題となってきました。

そこでにわかに注目を集めたのが、信用情報です。これまで、個人の信用情報はそれぞれの貸金業者、あるいはそれぞれの業態ごとに「秘中の秘」のような扱いでした。しかしそれでは、正確な個人の信用情報の把握にはつながらないということで、信用情報を集めた独立した信用情報機関を立ち上げて、異なる信用情報機関の信用情報を共有する動きとなったのです。



信用情報機関の種類

前述のように、最近では信用情報機関がお金の融資に関しては大きな役割を果たしていますが、信用情報機関は業態によっていくつかの種類があります。どのような信用情報機関があるのでしょうか。

全国銀行個人信用情報センター

最初に紹介するのが、「全国銀行個人信用情報センター」で、略称は「KSC」です。KSCの主なデータは以下のようになります。

  • 運営元:全国銀行協会(全国の銀行などが加盟している一般社団法人)
  • 会員:一般会員(全国銀行協会の正会員)、特別会員(一般会員以外の銀行、銀行と同様に扱われる金融機関、政府系金融機関など)
  • 保有する情報:銀行系クレジットカード、住宅ローン、法人融資
  • 保有する情報件数:約8000万件

株式会社シー・アイ・シー

次に紹介をするのが、「株式会社シー・アイ・シー」(CREDIT INFORMATION CENTER CORP.)で、略称は「CIC」です。CICの主なデータは以下のようになります。

  • 運営元:1984年、(社)日本割賦協会、(株)日本信用情報センター、(社)全国信販協会の信用情報機関を一本化して誕生
  • 会員:信販会社を含むクレジットカード発行企業、信用保証会社、ローンやリース会社、小売店、一部の消費者金融、銀行、労働金庫
  • 保有する情報:申込情報、クレジット情報
  • 保有する情報件数:約5億件(2009年3月)

株式会社日本信用情報機構

最後に紹介するのが、「株式会社日本信用情報機構」で、略称は「JICC」です。IICCの主なデータは以下のようになります。

  • 運営元:株式会社テラネット(全国信用情報センター連合会加盟33情報センターから事業承継して発足)
  • 会員:消費者金融、商工ローン、街金など
  • 保有する情報:契約情報、園地情報、債務整理情報など

異なる信用情報機関の交流

以上が、現在日本に存在する主な3つの個人向け信用情報機関ですが、お金を借りる人は銀行から住宅ローンを融資してもらう一方でクレジットカードを持ち、消費者金融からお金を借りている人も多いでしょう。そこで業態間で交流がなければ、せっかく蓄積された情報も十分に活用されず、住宅ローンの延滞をしていてもクレジットカードにその情報が入らず、間違った融資が行われる可能性も否定できません。

CRIN

そこで、信用情報機関には「CRIN(クリン)情報」というものがあります。これは、「CRedit Information Network」の略で、KSC、CIC、JICCのいずれかで事故情報などが発生した際に、その情報を「CRIN情報」として登録しておくことで、住宅ローンを主に担当するKSCから住宅ローンの事故情報がCRIN情報として登録されると、同じ人からクレジットカードの申し込みがあった場合に、CRIN情報を見たCICは契約をストップすることができるのです。

異業種間の交流

信用情報機関は、業態別に設立された経緯があるのですが、それは同じ融資でも業態によってそのターゲットや性格が異なり、その情報を「秘中の秘」としていたところがあったからです。それが多重債務や債務問題の深刻化を招いたため、最近ではCRIN情報にとどまらず融資のすべてを閲覧するような流れになっています。



どのような情報が登録されているのか

信用情報機関にどのような情報が登録されているのか、個人としては非常に気になるところです。はたして信用情報機関が保有する情報はどのようなものなのでしょうか。主にクレジットカード会社が加盟するCICで、以その詳細を見てみましょう。

申込情報

申込情報とは、クレジットなどの新規申し込みの際に、加盟する会員が照会したことを表す情報です。具体的に照会する内容とは、

  • 本人識別のための情報:氏名、生年月日、郵便番号、電話番号など
  • 申し込み内容に関する情報:照会日、商品名、契約予定額、支払予定回数、照会会社など

となっております。

クレジット情報

クレジット情報とは、加盟会員と行なった契約内容や支払い状況を表す情報です。具体的に照会する内容とは、

  • 本人識別のための情報:氏名、生年月日、性別、郵便番号、電話番号、住所、勤務先名、勤務先電話番号、公的資料番号など
  • 契約内容に関する情報:契約日、契約種類、商品名、支払回数、限度額、契約終了予定日など
  • 支払状況に関する内容:報告日、請求額、入金額、入金履歴、残債額、事故情報の有無、事故発生日、延滞解消日など
  • 割賦販売法対象商品の支払状況に関する情報
  • 貸金業法対象商品の支払状況に関する情報

となっております。

利用記録

利用記録とは、ローンやクレジットの利用途上で支払い能力を調べるために加盟会員が照会した事実を表す記録です。具体的に照会する内容とは、

  • 本人識別のための情報:氏名、生年月日、郵便番号、電話番号など
  • 利用事実に関する情報:利用日、目的、利用会社名など

となっております。



信用情報を照会するには

信用情報機関に登録されている信用情報を照会できるのは、本人と本人から同意を得た融資元だけです。他人や本人の同意を得ていない融資元が信用情報機関から情報を照会することは原則としてできませんので、安心してください。

自分で信用情報機関に照会してみよう

貸金業者がどのように照会をするのはあまり興味がありませんが、自分で信用情報を見られたら、融資を受けたいときなどに大いに参考になりそうです。もちろん本人ならば信用情報機関に照会できますので、ここではCICに関する方法を紹介したいと思います。

CICの窓口で開示請求をする

最も確実に開示請求をするならば、全国7か所に設置してあるCICの開示窓口へ行きましょう。平日の10時から12時と13時から16時まで受け付けており、本人確認書類と手数料500円が必要となります。その流れは以下のようになっています。

  • 必要書類を用意した上で、CICの開示窓口へ行く
  • タッチパネルを操作して受付をした後、本人確認
  • 開示報告書を受け取る
インターネットで開示請求をする

インターネット回線につながっているパソコンや携帯電話、スマートフォンの画面上で請求ができ、画面上で開示された情報を確認できます。毎日8時から21時まで開示請求のサービスを受け付けており、クレジットカードで1000円の手数料を支払います。どこからでも請求できて閲覧できるので便利です。その流れは以下のようになっています。

  • 利用前の確認を画面で確認
  • クレジット契約で利用した電話番号から電話をし、受付番号を取得
  • お客様情報を画面上に入力(受付番号はここで入力)
  • 開示情報の入ったPDFファイルをダウンロード
郵送で開示請求をする

近くにCICの開示窓口はないし、インターネットもあまり得意でない方も安心してください。CICでは郵送による開示請求も受け付けています。時間はかかってしまいますが、確実にお手元に開示報告書が屠蘇来ます。その流れは以下のようになっています。

  • 申込書に記入(パソコンから可能。パソコンがない場合には電話で申込書の取り寄せも可能)
  • ゆうちょ銀行の定額小為替証書(1000円)を用意
  • 申込書、本人確認書類、手数料をCICに郵送
  • 10日ほどで開示報告書が到着

気になる「返済状況」と「入金状況」の見方

開示報告書には様々な情報が記載されていますが、特に気になる点が「返済状況」と「入金状況」です。業者がお金を貸す際にもこれらの項目は参考にしますのでしっかり見ておきたいものですが、難しい言葉やら記号やらが書いてあり、一筋縄ではいきません。

返済状況

「返済状況」には、返済に特に問題がなければ何も書かれませんが、61日以上または3か月以上支払いの遅れがありますと、そこに「異動」と表示されます。また、利用者に代わって保証会社が返済した場合や、裁判所は破産宣告した場合にも「異動」と記載されます。「異動」は、延滞が解消した後でも情報の保有期限が来るまでは残ります。

入金状況

「入金状況」とは、利用者からクレジット会社への入金(返済)状況を記号であらわしたもので、過去24か月間分が表示されます。左から右に行くほど古い入金状況となります。記号の見方は以下のようになります。

  • $:請求通り(請求以上も)の入金あり
  • P:請求の一部の入金あり
  • R:利用者以外からの入金あり
  • A:利用者の事情で約定日に入金がない
  • B:利用者の事情とは関係なく約定日に入金がない
  • C:未入金の原因が不明
  • ―:請求も入金もなし
  • 空欄:クレジット会社から情報更新なし

ちなみに、未成年が延滞した場合、支払い停止抗弁権の申し立てがあった場合、災害などが発生した地域に居住している場合は、その旨のコメントが最終行に記載されます。開示報告書をしっかりと読みこなせれば、クレジットカードや消費者金融への申込のタイミングも計ることができ、より審査に通過しやすくなるでしょう。



特選情報

新生銀行カードローン レイクは銀行カードローンなので総量規制対象外。銀行カードローンにしてはめずらしく無利息期間もあり初めて借りる方には本当におすすめです。


⇒ 新生銀行カードローン レイクをチェック

このページの先頭へ