人気のカードローン

  • 銀行系ノンバンク
  • 銀行カードローン
  • 最短で即日融資

融資スピードや無利息期間などサービス面で銀行本体のカードローンよりも優れています。少額・短期間の利用におすすめです。

1位 プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)
プロミス
夕方・土日も最短即日融資
  • ノンバンク最低レベルの低金利
  • カード発行なしも選択OK
  • WEB完結も対応可能&郵送なしで借入可

SMBCコンシューマーファイナンスは三井住友フィナンシャルグループの一員です。

2位 アコム(三菱UFJフィナンシャルグループ)
アコム
最短30分審査&最短1時間融資
  • クレジットカード機能付きも選択OK
  • 最大30日無利息サービス

銀行本体のカードローンはノンバンクと比較して審査は厳し目です。その一方、金利は低めです。

1位 三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック
三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック
銀行ならではの低金利!
  • 口座不要、提携ATM手数料も無料

低金利ですが【審査は厳しめ】。審査が不安な方はノンバンクがおすすめです。

2位 新生銀行カードローン レイク
新生銀行カードローン レイク
選べる2つの無利息サービス
  • コンビニATMの手数料0円
  • 申込みから借入れまでスマホ完結
もっと見る
3位 三井住友銀行カードローン
三井住友銀行カードローン
銀行口座開設不要

低金利ですが【審査はかなり厳しめ】です。公務員や大企業など、安定かつ高めの収入の方向けです。自営業などの方にはノンバンクがおすすめです。

「最短で即日融資可能」と明言しているのはノンバンクだけ!平日夕方や土日祝日に「急いでお金がほしい」時はこちらがおすすめです。

1位 プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)
プロミス
夕方・土日も最短即日融資
  • 審査回答は最短30分
  • 最短1時間融資も可能
  • カード発行なしも選択OK

SMBCコンシューマーファイナンスは三井住友フィナンシャルグループの一員です。

2位 アコム(三菱UFJフィナンシャルグループ)
アコム
最短30分審査&最短1時間融資
  • むじんくんで土日祝日も契約できる
  • クレジットカード機能付きも選択OK
3位 新生銀行カードローン レイク
新生銀行カードローン レイク
最短で即日融資可能!
  • 審査結果は申込み完了画面に表示
  • 書類提出はスマホで簡単
もっと見る
アイフル
アイフル
最短即日融資!審査も最短30分
  • 4ステップで簡単申込み
  • 指定時間にカード配達OK

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンの特徴

  • 下限金利4.0%、上限金利14.5%と、低金利で利用可能
  • インターネットバンキング利用で契約までの手続きがWEBで完結できる
  • 最大限度額は800万円

三井住友銀行カードローンの基本情報

最大限度額 金利 電話連絡
800万円
4.0%~14.5%
あり
自営業者 口座開設 提携ATM手数料
不要
無料


⇒ 三井住友銀行カードローンの公式サイトはこちら


三井住友銀行カードローンの申し込み

申し込みの流れ

  • 1. PC・スマートフォン
  • 2. インターネットバンキング(SMBCダイレクト)
  • 3. 電話
  • 4. ローン契約機
  • 5. 窓口
  • 5. 郵送

申し込みは上記のチャネルの中から選択することが可能です。PC・スマートフォン、インターネットバンキングを利用すれば、24時間いつでも申し込みを行うことができます。電話の場合は、土日祝日を含む毎日9時~21時に受付を行っています。

専用のフリーダイヤルに電話をかけて申し込みましょう。ローン契約機を利用する場合や窓口に行く場合は、時間に余裕を持って向かうようにしましょう。


審査回答

審査結果を早く知りたい場合には、PC・スマートフォン、インターネットバンキング、電話、ローン契約機での申し込みをオススメします。


契約及びローンカードの受取

契約やローンカードの受け取り方法は、どの申し込み方法を選んだかで若干異なります。どの方法を利用した場合でも基本的には、ローンカードを郵送で受け取るか、ローン契約機で受け取るかのどちらかの選択になります。

郵送及び窓口を利用して申し込みを行った場合は、ローンカードを郵送で受け取るか、本人確認書類を持参の上、ローン契約機で手続きを行うかのどちらかになります。

PC・スマートフォン及び、電話を利用して申し込みを行った場合は、ローン契約機で手続きを行う場合には上記と変わりありませんが、郵送でローンカードを受け取る場合には、ローンカードと併せて契約書類が郵送されてきます。契約書類に必要事項を記入の上、本人確認書類と一緒に三井住友銀行宛てに返送しましょう。

インターネットバンキングの場合、モバイルから申し込んだのであれば、郵送及び窓口経由での申し込みと手順は同じです。PC・スマートフォンがら申し込んだのであれば、お手持ちのキャッシュカードですぐにカードローンを利用することが可能になります。

ローン契約機を利用して申し込みを行った場合は、その場でローンカードの発行と契約手続きを行うことができます。


申し込みに必要な書類

申し込みに際して、本人確認の為に、氏名や現住所の記載があり尚且つ有効期限内である書類が必要となります。本人確認書類として利用できるのは、運転免許証・パスポート・個人番号カード・顔写真付きの住民基本台帳カード等です。

各種健康保険証や、上記以外の書類を本人確認書類として利用したい場合は、カードローンプラザまで問い合わせる必要があるので、注意しておきましょう。


口座開設について

三井住友銀行カードローンの契約・利用に際して、三井住友銀行の口座は必要ではありません。


借入方法

ATMを利用した借り入れと、SMBCダイレクト(インターネットバンキング・モバイルバンキング・テレホンバンキング)を利用した借り入れ、自動融資での借り入れの3種類の方法で、借り入れを行うことが可能です。


ATM

三井住友銀行のATMはもちろん、ローソンATM・イーネットATM・ゆうちょATM・セブン銀行ATM・提携金融機関のATMで利用することが可能です。

ただし、カードによっては利用できないATMがあるので注意が必要です。カードローン専用カードであれば、上記の全てのATMで利用が可能ですが、普通預金のキャッシュカードを用いてカードローンを利用する場合には、三井住友銀行のATMとコンビニのATMでしか借り入れることができません。

ただし、例外として大分支店立命館アジア太平洋大学共同出張所のCD機では利用できません。提携金融機関のATMを利用する場合には、所定の利用手数料や時間外手数料がかかる場合があります。


SMBCダイレクト

インターネットバンキング・モバイルバンキング・テレホンバンキングのSMBCダイレクトを利用していれば、SMBCダイレクト経由で借り入れを行うことができます。


自動融資

上記2つは、契約者自らの意志で借り入れを行う場合ですが、自動的に融資が行われるケースもあります。カードローンの返済用口座として、すでにお持ちの三井住友銀行の普通預金口座を指定した場合、その普通預金口座から引き落とされるべき、公共料金やクレジットカードの利用代金が、口座の残高不足で引き落としができない場合には、不足分の金額がカードローンから自動的に融資されます。

ただし、この機能を利用する場合には、あらかじめ申し込み及び手続きが必要です。自動融資の対象となる口座振替や、自動融資が行われるタイミングについては、全て三井住友銀行の任意となります。


金利

限度額 金利
100万円以下
年12.0%~年14.5%
100万円超200万円以下
年10.0%~年12.0%
200万円超300万円以下
年8.0%~年10.0%
300万円超400万円以下
年7.0%~年8.0%
400万円超500万円以下
年6.0%~年7.0%
500万円超600万円以下
年5.0%~年6.0%
600万円超700万円以下
年4.5%~年5.0%
700万円超800万円以下
年4.0%~年4.5%

※金利は2016年12月現在

⇒ 三井住友銀行カードローンの公式サイトはこちら


返済方法

ATMを利用した返済と、SMBCダイレクトを利用した振込による返済、口座振替による返済の3種類の方法で、返済を行うことが可能です。


ATM

三井住友銀行のATM、ローソンATM・イーネットATM・ゆうちょATM・セブン銀行ATMで利用することが可能です。借り入れの場合とは異なり、提携金融機関のATMでは返済できない点には注意が必要です。

また、借り入れの場合と同様にカードローン専用カードであれば、利用可能な全てのATMで利用が可能ですが、普通預金のキャッシュカードを用いて返済する場合には、三井住友銀行のATMとコンビニのATMでしか返済することができません。

大分支店立命館アジア太平洋大学共同出張所のCD機では利用できないのも同様です。


SMBCダイレクト

SMBCダイレクトを用いて、カードローン口座へ振込返済を行うことが可能です。ただし、振込の際の振込手数料は、利用者負担となります。


口座振替

口座振替による自動返済を選択することも可能です。指定した約定返済期日までに、カードローン口座に入金がなかった場合、カードローンの返済用預金口座から、借入残高に応じた約定返済金額が自動的に引き落とされます。

返済用預金口座の残高が、約定返済金額未満の場合には、その残高分が引き落とされます。引き落とされた金額が利息未満の場合には、追加で借り入れを行うことができなくなるので注意しておきましょう。


返済日

三井住友銀行カードローンでは、返済日を5日・15日・25日・月末の4つの中から選ぶことが可能です。給料日等がいつかによって都合のいい日を選択できるので、返済の際に家計に与える負担が減るシステムだと言えます。


その他の特徴

普通預金口座のATM手数料が無料

SMBCポイントパックに契約している口座を、カードローンの返済用預金口座に設定することで、SMBCポイントパックご契約口座の三井住友銀行ATMでのATM時間外手数料等が無料になる、優遇措置を受けることができます。

カードローンの利用ではなく、預金口座からお金を引き出す時などにも、手数料が無料で利用できるので非常に便利です。


商品概要

利用条件

  • 申し込み時の年齢が満20歳以上満69歳以下の方
  • 原則として安定した収入のある方
  • 三井住友銀行指定の保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる方

資金用途

原則として自由ですが、事業性資金としての利用はできません。


限度額

800万円以内で、10万円単位で選択となります。


利息計算

1年を365日とする日割計算で行われ、付利単位は100円です。前日の最終残高によって、その都度計算されます。


遅延損害金

1年を365日とし、遅延損害金年率19.94%による日割計算で求めます。


返済

返済方式は残高スライド方式を採用しています。返済期日は毎月5日・15日・25日・月末の4つの中から選択することが可能ですが、返済期日が銀行休業日の場合には、翌営業日が返済期日となります。


担保と保証人

三井住友銀行指定の保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を利用するので、担保及び保証人は不要です。


手数料

借り入れの際に、提携金融機関のATMを利用すると利用手数料・時間外手数料がかかります。その他のATMを利用する場合には手数料は発生しません。


申し込みに必要な書類

本人確認書類

下記の内1つのコピーが必要となります(有効期限内で氏名・住所・生年月日が記載されているものに限ります)。

  • 運転免許証(変更事項があれば両面)
  • パスポート(写真並びに現住所のページ)
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード(顔写真付きのもの)

各種健康保険証等、上記以外の書類を本人確認書類として利用したい場合には、一度三井住友銀行カードローンプラザまでお問い合わせください。


収入証明書類

下記の内1つのコピーが必要になります。場合により、以下の書類以外の書類の提出が必要になる場合もあります。

  • 住民税決定通知書
  • 課税証明書
  • 源泉徴収票
  • 納税証明書その1、その2(個人事業者の方)


その他

契約の更新は5年毎に自動で行われます。


⇒ 三井住友銀行カードローンの公式サイトはこちら





三井住友銀行 その他のローン





特選情報

新生銀行カードローン レイクは申込みから借入れまでスマホ完結可能。銀行カードローンにしてはめずらしく無利息期間もあり初めて借りる方には本当におすすめです。


⇒ 新生銀行カードローン レイクをチェック

このページの先頭へ